2016.1 - 2017.9現在進行形


Creative Communication Robot


・Wemakeでのコンセプト提案 最優秀賞受賞

・展示会用モック3Dデータ制作、企画グッズ、動画制作

(Maker Faire 2016、CEATECH2016)

・2017 One Japanにて横断的なプロジェクトに発展

・2017 6月 人工知能EXPOにてCreative Folw_er展示

・2017 8月 Zen2.0 デモ展示

・2017 One JAPAN総会 デモ機展示

クリエイティブ支援を行うコミュニケーションロボット。WEMAKEと富士ゼロックスが主催したオープンイノベーション公募にて最優秀賞を受賞し、オープンプロジェクトとして事業化検討中。

 

富士ゼロックス大川陽介さんが発起した「ONE JAPAN」にて各企業の強みとスピード重視のスタートアップとのコラボレーションにより、マインドフルネスにより創造性を開花する「Creative Flow_er」プロジェクトへと発展。

 

2017年6月には人口知能EXPOにて、デモ展示が行われ、NHK Worldほか、各種メディアにて報道。引き続き鋭意開発中で、21世紀のクリエイティブシーンに活躍が期待される。


Takebon担当内容

・CGによるコンセプトデザイン

・機能拡張アプリケーションデザイン展開イメージ

・ハードウェア拡張デザインパターン

maker fair2016 Tokyo 展示会用Tシャツデザイン、デザインモック3DCADデータの制作

・maker fair2016 Tokyo 展示会用コンセプトムービーの制作

 


webサービスアイディア企画


シゴトクリエイターReadmasterさんと

ヒラメキクリエイターTakebonの共創企画!

第一弾:アイデアブレストツール、カオスボード


KITZ


KITZ プロジェクト

遊びを通して想像力を育む子供の観察と、

子供達の創造性を発揮する場作りから、

ツールとコミュニティのデザイン企画


MC-β Concept Design


HONDA EV車の基本骨格であるMC-βを元に、鎌倉市内での走行を想定した移動式屋台としてコンセプトデザインを提案。運転席と荷台を脱着可能な仕様として、屋台単独で移動も可能。木製の温かみある外観が観光客の眼を引き、一息付けるカフェとしての存在価値も高める企画。デザイン&着脱アイディアが高評価を受ける。

 

・スケッチ、CGまで一貫して制作

・CEATECH2016 本田技研ブースにてパネル展示

・メイキングムービーに本コンセプト動画が一部採用